翌朝すっきり!オルニチンサプリよりおすすめ?二日酔い対策におすすめのオルニチンレシピ3選+とっておきのアドバイス

健康食品マルシェTOP >みんなのイケンTOP > 翌朝すっきり!オルニチンサプリよりおすすめ?二日酔い対策におすすめのオルニチンレシピ3選+とっておきのアドバイス

更新日:2017.10.30

投稿日:2016.07.13

薬事法ドットコム薬事法ドットコム

翌朝すっきり!オルニチンサプリよりおすすめ?二日酔い対策におすすめのオルニチンレシピ3選+とっておきのアドバイス 画像

オルニチンの正体と多く含まれる食べ物

ornithine_01

オルニチンは遊離アミノ酸の一種で、私たちの身体の中を巡っています。肝臓にたどり着いたオルニチンはアンモニアの解毒作用を促進し、肝機能改善や疲労回復をもたらす働きがあります。
またアンモニアを除去するオルニチンはエネルギー産生を円滑にする作用があると考えられており、肝機能に欠かせない成分です。オルニチンを多く含む食材としては、しじみや、だだちゃ豆などがあります。

食品中のオルニチン含有量

◎だだちゃ豆 20~40mg程度/100g
◎しじみ   10.7~15.3mg程度/100g(約35個分)
 ※冷凍しじみの場合はオルニチンが8倍程度に増加
◎キハダマグロ1.9~7.2mg程度/100g
◎チーズ   0.76~8.47mg程度/100g

1日の推奨摂取量を知ろう

オルニチンには大量の飲酒、たんぱく質の摂り過ぎで体内に発生するアンモニアの分解を助ける働きがあります。
オルニチンは体内でも合成される為、明確な摂取基準量はないですが、実感が期待出来る数値として1日400~800mg程度の摂取が理想と言われています。

なぜオルニチンはお酒を飲む人や二日酔い対策におすすめなの?

ornithine_02

アルコールを多量に摂りすぎた場合、アルコールの分解速度が遅くなり有害物質であるアセトアルデヒドが残ります。このアセトアルデヒドが二日酔いの要因となります。
アセトアルデヒドを残さないようにするには、肝臓でアンモニアを解毒する必要があります。その為にはアンモニアの解毒促進を担っているオルニチン回路(尿素回路)をスムーズに作動させる必要があります。
オルニチン回路を正常に作動させる為にはオルニチンの補充が必要です。オルニチンを補う事により肝機能低下を予防し、正常に動かす事が期待できます。

サプリvs食べ物 どちらからオルニチンを摂るべき?

オルニチンは体内で合成できるため、毎日の摂取が必要かは個人差があります。日常的な体調不良がなくお酒もたしなむ程度で、身体に負担のかかる事をしていない方は、たまの二日酔い対策に活用するのもいいでしょう。

疲れやすさの軽減、肝機能低下防止、成長ホルモンの分泌促進、二日酔いの緩和など、目的をもって効果を期待したい方は、1日400~800mgの摂取が必要なのですが、食品で摂る場合、オルニチンの含有量が多いしじみでも1400個以上の摂取が必要になります。このようにオルニチンは食品で摂取するのは大変難しいため、サプリメントの利用をおすすめします。また、サプリメントは、薬ではないため継続的に摂る事により実感を期待できます。ただやはり普段から食事でもしっかりオルニチンを取れるように意識できるとよいですよね。

しじみが苦手な人にも~簡単♪栄養士おすすめオルニチンレシピ3選

ここでは私がおすすめするオルニチンレシピを3つご紹介します。

おすすめレシピ ornithine_03 キハダマグロとシメジの炒め物

ornithine_04
【材料】(2人分)

A.キハダマグロ/120g、醤油/小さじ1/4、酒/小さじ1、
 シメジ/1/2房、エノキ茸/1袋、白葱/1本、
 生姜(千切り)/少々、油/小さじ1

B.オイスターソース/大さじ1/2、醤油/大さじ1/2、
 酒/大さじ1/2、砂糖/大さじ1/2、水/大さじ1、
 片栗粉/大さじ1/4

ornithine_05
【作り方】

1.キハダマグロは一口大に切り醤油と酒で下味をつける。
2.シメジは小房に分け、エノキ茸は半分に切りほぐす。白葱は2cm幅の斜め切りにする
3.Bを混ぜ合わせる

フライパンに油を熱してシメジ、エノキ茸、白葱と生姜を炒め、1を加え4に3を加えて炒め、トロミがついたら出来上がり

おすすめレシピ ornithine_06 豆腐ステーキ

ornithine_07
【材料】(2人分)

A.木綿豆腐/1丁(300g)、ごま油/小さじ1

B.人参(千切り)/1/3袋、だだちゃ豆(冷凍)/30g、
 もやし/1/3袋、深葱(3cm長さの千切り)/1本、
 酒/大さじ1、醤油/大さじ1/2、柚子こしょう/小さじ1

ornithine_08
【作り方】

1.木綿豆腐を半分に切り、ごま油を熱したフライパンで両面を軽く焼き、お皿にとる
2.1のフライパンを軽く拭き、柚子こしょう以外のBの材料を全て入れて蓋をして蒸し焼きにする
3.2に火が通ったら柚子こしょうを混ぜて味を整える
4.1に3をかけて出来上がり

ornithine_09

おすすめレシピ ornithine_10 卵焼き(チーズ入り)

ornithine_11
【材料】(2人分)

卵/3個、スライスチーズ/2枚、青葱/1本、塩/少々、オリーブ油/小さじ1

B.人参(千切り)/1/3袋、だだちゃ豆(冷凍)/30g、
 もやし/1/3袋、深葱(3cm長さの千切り)/1本、
 酒/大さじ1、醤油/大さじ1/2、柚子こしょう/小さじ1

ornithine_12
【作り方】

1.青葱を小口切りにする
2.器に卵を溶き、青葱を加えて混ぜ合わせ、さらに塩を加えて混ぜる
3.フライパンにオリーブ油を熱し2を注ぎいれ、上にスライスチーズを並べて巻いてく
4.火が通ったら食べやすい大きさに切り、器に盛る

~二日酔い対策で困っている方へとっておきのアドバイス~

飲みすぎないようにと思っても、会社の付き合いや、ストレス解消についつい飲みすぎてしまうのがお酒です。二日酔いのつらさから少しでも開放されたい方に最後にアドバイスです。

次の日に残らないお酒の量を把握すること
その量はアルコール度数で変わります。日本酒は1日2合、ビールなら大びん2本、焼酎は1合程度です。

すきっ腹で飲まず、食べながら飲むこと
食べながら飲むと胃がアルコールを吸収する速度が緩和され、肝臓への血流が普段の7~8割増しになります。

二日酔い対策で重要なのは、実はごろ寝!
二日酔い対策で簡単に出来る方法としてごろ寝を紹介します。
肝臓をいたわるためには、食後に肝臓へ血液をしっかり流す事が大事です。

食後は胃腸の消化のために血液が胃腸に集中して肝臓の血液が減るため、横になることにより肝臓への血液が増えます。
横になり更に、腹式呼吸をすると静脈の流れがスムーズになり、さらに効果が期待出来ると言われています。
ちなみに横になると100%の血流を送り込むのにたいして、立ち姿勢70%、歩くと50%と減少します。

まとめ

肝機能低下予防には運動も大切です。「筋肉は第二の肝臓」と言われるように、肝機能の代わりを務める時もあります。日々の運動で筋力を維持しておく事も大事です。
食事も肉、魚、豆腐等のたんぱく質、ビタミンが豊富な野菜料理を選び、肝臓が余裕を持ってアルコール処理出来るように自分の身体を労わってください。

※この記事は「薬事法ドットコム」監修済の記事になります。

自己紹介

管理栄養士 齋藤 美乃(サイトウ ミノ)

鹿児島県出身
健康運動指導士、ローフードマイスター1級、美容食学栄養相談、転倒予防教室、認定校等を実施しています。

私も以前、お酒を毎日飲んでいた時期もありましたが、最近は、お酒を美味しくたしなむ程度になりました。たまに、飲みすぎた時はアミノ酸たっぷりのお味噌汁や果物、野菜等を摂っています。
食事で間に合いそうにない時には、オルニチンサプリメントを活用するときもあります。オルニチンは肝機能低下予防以外に、肌のはり、しわが改善したという報告もあり個人的に今後も注目していきたい成分です。

この記事の執筆者

管理栄養士 今井優希 イラスト

管理栄養士 齋藤 美乃(サイトウ ミノ)

プロフィール:鹿児島県出身

栄養相談2万件以上の実績あり(総合病院、大手企業等)
現在も特定保健指導及び企業にて栄養相談、イベント企画他
ローフードマイスター、美容食学の認定校運営。

コメント:「「健康継続」は本来の和食「一汁三菜」+「旬の食材」「色彩」「栄養バランス・量」「食べる順番・よく噛む」を意識する事が大切。」