実は知られていない!ビルベリーサプリの効果。口コミサイトでは分からないこと

健康食品マルシェTOP >みんなのイケンTOP > 実は知られていない!ビルベリーサプリの効果。口コミサイトでは分からないこと

更新日:2017.10.30

投稿日:2016.01.04

薬事法ドットコム薬事法ドットコム

実は知られていない!ビルベリーサプリの効果。口コミサイトでは分からないこと 画像

実は知られていない!ビルベリーサプリの効果。口コミサイトでは分からないことの記事をざっくりいうと
実は知られていない!ビルベリーサプリの効果。口コミサイトでは分からないことの記事をざっくりいうと

ビルベリーはアントシアニンが豊富でブルーベリーの王様とも呼ばれている
緑黄色野菜やマリーゴールドに含まれる「ルテイン」はぼんやりしないように守ってくれる効果が、「アントシアニン」はクッキリの維持を助ける効果がそれぞれ期待できる
クリアな生活を送るために必要な栄養素が入ったサプリメントを選ぶことが大切

ビルベリーの期待効果

ブルーベリー イラスト 画像

ビルベリーとはブルーベリーの一種で、北欧地区で採れる果物です。
人工栽培が難しく、サプリメントなどの健康食品に使用されるビルベリーは、野生の木から採取されたものがほとんどです。

ビルベリーの期待効果には主要成分である「アントシアニン」の効果が大きく影響するようです。

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種です。
ビルベリーは、このアントシアニンをブルーベリーの約5倍含んでいることから、別名「ブルーベリーの王様」とも呼ばれています。

ブルーベリーの皮は紫色ですが、果実は紫色ではありません。
しかし、ビルベリーは皮も果実も紫色です。
この色の違いが、「アントシアニン」の量の違いだそうです。
ぼんやりの予防とクッキリに関する効果が多く期待できます。

その作用として、クッキリのために必要な成分をサポートするからです。
ぼんやりしないためには必要な作用といえるでしょう。

パソコンや読書でぼんやりしやすい方は、ビルベリーのサプリメントを利用するのもよさそうですね。
その他にも強い還元力や、美容などの効果もあると言われています。

ルテインとアントシアニンの違いを知っておこう

ペンとノート 画像

ビルベリーサプリと関わりの深い成分が「ルテイン」と「アントシアニン」。

二つともぼんやりやクッキリにいいとよく聞きますが、違いはどこにあるのでしょうか。
まずはルテインについて少し説明をしたいと思います。

ルテインとは、赤色や黄色など天然色素のカルテノイドといわれるものの一種です。
主に緑黄色野菜やお花のマリーゴールドなどに含まれています。

瞳の水晶体や黄班部といわれる部分に多く存在しており、外的環境から守る力があるため、ぼんやりしないように内側から守ってくれます。

また、テレビやパソコン、スマートフォンをよく使う方に活用されています。
その他にも、還元作用を持っているため、体を内側からスッキリさせる効果が期待されています。

以上のことから、「ルテイン」はぼんやりしないように守ってくれる効果が、「アントシアニン」はクッキリの維持を助ける効果がそれぞれ期待できます。
双方ともぼんやりやクッキリにとても大切な成分です。
それぞれに役割が異なりますので、役割を把握しご自身に必要な栄養素が入ったサプリメントを選んでみてくださいね。

人気ブルーベリーサプリメントを比較

これまでご紹介してきたビルベリーの配合量を軸に、人気の4種のブルーベリーサプリメントを比較してみます。

商品価格 内容量 飲みやすさ ビルベリー
の配合量
(1日あたり)
主な成分 特徴 1日あたりのコスパ

リフレのブルーベリー

1,706円 31粒 △40mg アントシアニン
ルテイン
独自製法でエキスを抽出。
吸収性が2倍。

えがおのブルーベリー

3,888円 31粒 ○100mg アントシアニン
ゼアキサンチン
ルテイン
40歳から必要な栄養素配合。
40代以上におすすめ。

サントリーブルーベリー

5,184円 90粒 ◎120mg アントシアニン
アスタキサンチン
ビタミンB群
ビタミンC
カロテン
細かい部分にも届くアスタキサンチンを配合

大正ブルーベリー

3,456円 60粒 ◯80mg アントシアニン
ルテイン
ビタミンC
小分け包装で成分の劣化を防止。
黒胡椒のカプセルで吸収率UP!

比較から分かった、ビルベリーサプリを選ぶ際のポイント

ひらめいた女性 画像

1.原産地、製法、ビルベリーの品質で選ぶ(安心できるかどうか)

人気のブルーベリーサプリをビルベリーの品質という視点で見ていきましょう。

【リフレのブルーベリー】
リフレのブルーベリー

内容量:16.28g(525mg×31粒/約1ヵ月分)価格:定期購入980円

北欧ラップランド地方で取れたビルベリーを使用しています。
リフレの提携冷蔵庫がその森の近くにあるため、一定の品質を保つことができるようです。
また、製造にかかわる方が直接現地へ行き、品質を確認されているのも安心できますよね。

【40歳からのルテイン&ベリー】
40歳からのルテイン&ベリー

内容量:15.2g(310mg×31粒/約1ヵ月分)価格:通常購入3,600円

こちらも北欧ラップランド地方のものを使用しています。
農薬不使用で育ったビルベリーを使用しているのも、口に入れるものとしては大変安心ができます。
ビルベリー自体の配合量は100㎎ですが、そのほかにもクッキリを助けるゼアキサンチンやルテインが配合されています。

【サントリーブルーベリー】
サントリーブルーベリー

内容量:90粒29g (321mg×90粒)価格:定期購入4,320円

北欧地方のものを使用しているそうです。
詳しい産地は不明ですが、原産地へ直接訪問し品質の良いものだけを選び、安定確保し原料として使用しています。
アントシアニンだけでなくβカロテンなどの仲間であるアスタキサンチンも配合されています。

2.コスパで選ぶ

コスパで選ぶなら、一日約55円の「リフレのブルーベリー」です。
成分としては、機能性表示食品としてアントシアニン、ルテインが含まれ、リフレの特許技術でアントシアニンとルテインの吸収性が約2倍になっています。
お値段と合わせてみて、コストパフォーマンスが高い内容です。

初回価格が安くなっていたり、定期的に購入すると通常より安く買えるコースもありますので、キャンペーンを利用し購入するのも一つの手と言えるでしょう。

3.続けやすさで選ぶ

続けやすさで選ぶなら大正ブルーベリーです。
1日分2粒でアントシアニンとルテインの摂取目安量を摂ることができ、定期価格は2,880円(税抜)。
一日あたりの価格は96円と大変お手頃です。
また大正ブルーベリーの場合、光や酸化に弱いアントシアニンを1日分ずつの小分け包装でしっかり守ってくれるので、
成分の劣化を気にする必要がありません。持ち運びも一日分ずつできるので、とても楽ですね。
定期購入のお休み制度があるのも続けやすいポイントです。

【大正のブルーベリー】
リフレのブルーベリー

内容量:20.4g(340mg×2粒×30袋)価格:通常購入3,200円

ビルベリーサプリに関するまとめ

今回は、ビルベリーというサプリの種類について詳しく見てきました。
管理栄養士としてたくさんの種類があるサプリメントを分析し、どのように選ぶのか、どのようなシチュエーションで使えばいいのかをお伝えしてまいりましたがそれぞれの特徴を知った上で、ぜひ日々の生活に役立ていただければと思います。
下記、私のビルベリーサプリのまとめになります。

【ビルベリーがおすすめできる人】

・パソコンやスマートなどの電子機器をよく使用する方
・車の運転や夜の外出が多い方
・ぼんやりを予防したい方
・美容効果などクッキリ以外のビルベリー効果を期待したい方

このような効果を期待したい方におすすめです。

【おすすめできない人】

ビルベリーは薬ではなく食べ物ですので、副作用などは大きな心配はありません。

ただし、お薬を服用されていたり健康に不安のある方に関しては、一度お医者さんに相談してみてください。

また、妊娠初期の方が、ビルベリーのサプリメントを過剰に摂取するとビタミンA過剰になる恐れがありますので、目安量を守って摂取してください。
ぼんやりなどを現時点であまり感じない方が摂取しても、実感するのがなかなか難しいかもしれませんが、予防的に摂取するのもよいですね。

【選ぶ時の注意点】

一概にビルベリーのサプリメントといっても、各メーカーによって様々な特徴があります。
ぼんやりやクッキリに特化したものが良いのか、コスパが高いものが良いのか、他の成分にも期待したいのか、ご自身で目的を決め選んでみてください。

先ほどもお伝えしましたが、サプリメントは即効性がありませんので、効果を実感するにはしばらく継続して飲用する必要があります。
ビルベリーの体内貯留時間は約1日というところからも、まとめて飲むのではなく継続して飲むほうが効果をより期待できそうです。

また、サプリメントの効果をより良いものにするためには、普段のお食事や睡眠、運動など健康に関する日常生活についても、改めて見直すとよいと思います。

※この記事は「薬事法ドットコム」監修済の記事になります。

この記事の執筆者

管理栄養士 石田誌穂さん イラスト

管理栄養士 石田 誌穂(いしだ しほ)

プロフィール:1984年11月4日生まれ 愛知県

大学卒業後、食品メーカーの営業として勤務。
食に関して、現場に近い仕事がしたいと考え高齢者施設にて働く。
食のレクレーションや栄養アセスメント、献立作成などを担当。
結婚出産を機に、フリーランスとして活動を開始。
特定保健指導、電話での栄養支援、専門学校の講師など務める。
現在に至る

コメント:食べること、食に関係することが大好きです。
大好きな食を通して、周りの人の心も身体も健康にしたいと考えています。