カルビーの商品一覧Maker’s Lineup

健康食品マルシェTOP > カルビー商品一覧

カルビーの健康食品一覧

登録商品はありません。

カルビーの評価グラフ

カルビーの評価グラフ
カルビー評価点

商品の安心度

カルビーさんの食の安全・安心を守る体制は万全であり、常に進化しています。
体制の軸となる「品質保証本部」は、パッケージ表示の法令への適合などを審査する「品質審査部」と、品質審査で決められたルール通りに製品が生産されているかの監査・改善を担う「品質監査部」からなり、その仕組みが有効に機能しているか工場での検査やお客様の声をもとに継続的にチェックしています。また異物混入防止対策としては、全生産拠点に生産ラインを監視するモニタリングカメラ約1,000台を導入。
従業員が正しく作業をしていたことの証跡確保などに活用されます。また原材料の品質管理も徹底しており、生産者と連携した品質改善のほか、ポテトチップス商品についてはじゃがいもの生産者・地区・工場が簡単に検索できるようになっています。

商品の知名度

カルビーさんの商品は昔も今も私たちを喜ばせてくれています。
1964年に誕生した「かっぱえびせん」、1972年「サッポロポテト」、1975年「ポテトチップス」、1988年「グラノーラ」、1995年「じゃがりこ」など、今でもその人気は衰えることを知りません。
日本人に最も馴染みの深いお菓子メーカーと感じている方も多いのではないでしょうか。またカルビーさんの商品は海外でも広く販売されています。中国・韓国・タイ・シンガポールなどのアジア諸国のほか、アメリカ・イギリス・スペインなどの欧米諸国でも見ることができます。

商品のこだわり

カルビーさんの企業理念は「私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します。」となっていますが、まさにそれがこだわりとなって表れているのが分かります。カルビーさんがじゃがいもを生かした商品をここまで長く広く展開し続けているのも、こだわり以外の何者でもない気がしますね。またシリアル商品も1988年に誕生して以来、長年愛され続けています。
その栄養、色合い、食感はどんどん進化を遂げており、その製造方法にもこだわりが見られます。原材料の穀物や果物も世界中から厳選されたものが使用されており、私たちの食卓を大いに楽しませてくれています。

商品の平均価格

菓子部門とシリアル部門に分けて見てみましょう。
「ポテトチップス」「じゃがりこ」などのスナック菓子の価格帯は80~120円です。誰でも購入しやすい価格となっていますね。
次にシリアル部門です。「フルグラ」を主力とするシリアル部門の平均価格は、商品により700~800gで1000円前後です。高いという声も見かけますが、1食あたり50gを15日前後で使い切る計算だと1日66円となります。ただこれは定価の場合なので、カルビーオンラインショップなどで購入すればさらに安い50円以下/日で楽しむことができます。

商品の商品種類

現在、ブランド数でいうと「ポテトチップス」「じゃがりこ」「Jagabee」「かっぱえびせん」「野菜スナック」「シリアル」「その他」の7種類が販売されており、さらに味などで分類すると計171種類が展開されています。(時期により変動)内訳は「ポテトチップス」76種類、「じゃがりこ」27種類、「Jagabee」11種類、「かっぱえびせん」15種類、「野菜スナック」19種類、「シリアル」11種類、「その他」12種類となっています。
限定品やたくさんの味があるのが嬉しいですね。また公式オンラインショップでは現在「フルグラ」1種類のみが販売されており、定期便も開始したとのこと。毎朝食べたい「フルグラ」なので、ぜひその他の味でも展開してほしいものです。